· 

みこころ会

裾野墓参


6月4日みこころ会で裾野に墓参に伺いました。今年は44回生から69回生までの33名が参加し、うち3名は麦の会(三光町定時制同窓会)からの参加でした。
朝9時に渋谷を出発して11時過ぎに不二聖心に到着しました。本館玄関前ではシスター奥井、シスター山崎が笑顔で出迎えてくださいました。

 

バスを降りてすぐにシスター方の墓所に向かいました。緑豊かな小道を進んだ木立の中の庭園には、マザーブリットやマザー吉川をはじめとするシスター方の墓石があり、また近年に亡くなられたシスター方はお名前の刻まれた納骨堂に眠っていらっしゃいます。祈りを捧げ聖歌を歌い、その後不二聖心の礎を築いた岩下家の墓所にもお参りさせて頂きました。


お聖堂では、シスター奥井とご一緒に祈りを捧げ、聖心の教育のために尽くしその一生を送られた多くのシスターに改めて感謝し、それぞれ静かに黙想しました。
アーカイブ室では、シスター山﨑のご丁寧な説明を伺いながら充実した資料の数々を拝見し、聖心の今日まで辿った歴史を再認識することができました。再現された寄宿のドミトリーも懐かしく、聖心で共に学んだ同窓生として皆で学年を超えた思い出話に花が咲きました。


名残を惜しみながら不二聖心を後にし、途中市内の「裾野茶寮」にて昼食をいただきながら和やかな時を過ごして14時半に裾野を出発。17時頃に渋谷に着き解散しました。
毎年恒例となっている裾野墓参ですが、お祈り後の皆さまの清々しいお顔を拝見していると、恒例にしている事の意義を改めて実感できた一日でした。